夏休みを活用した短期バイトとは

最も多くの方が短期バイトをされる期間があります。それが夏や海です。その夏休みのバイト探しをチェックしてみましょう。

高校生や専門学校生、大学生などが働きやすいのが夏休みの短期バイトです。夏休みはかなりの長期間になります。高校生は、7月の後半から8月いっぱいが休みです。大学生は、7月の前半から9月の末ごろまで休みとなります。
基本的に1カ月以上は休みが続くことになりますので、短期バイトとしても様々な種類の仕事ができるわけです。中には、夏だからこそできる仕事もある点に注目しましょう。

夏らしい夏休み短期アルバイトを探そう

 プールの仕事
 海関連の仕事
 宿泊施設の仕事
 テーマパークなどの仕事

夏休みは、全国的に様々なところの人出が多くなり賑わうわけです。ですので、その賑わう場所や施設は、特に多くのバイトを募集することになります。いわゆる、短期バイトとして募集がされるわけです。

プールの仕事とは

プールはそもそも夏の期間しか開園していません。ですので、多くの人が働くわけですが、そのほとんどが短期バイトとなります。夏前にはかなり多くの人員が募集される仕事になると思ってください。

プールの仕事内容!
仕事内容としては、清掃を行ったり、販売員となってみたり、プールの監視員となってみたりと様々な仕事があります。いくつかの仕事を経験することもありますが、一つの仕事をし続けることもあります。職場により判断が異なります。

 プールの仕事の時給とは
・800円台から1,000円程度

かなり肉体を使った業務になりますが、時給はそれほど高くないという特徴が残念ながらあります。しかし、学生にはある程度満足できる金額になりますので、そのあたりは良いかもしれません。

ちなみに温水プールというものもあると思います。そちらは短期バイトの募集もないわけではありません。しかし、1年中営業しています。ですので、長期バイトを募集していることが多いので、夏休みの短期バイトとは少し分野が異なります。
10