学生がすべき短期バイトとは

短期や単発、そして日払いのバイトは学生が特にしたいものです。そのような仕事の中には学生歓迎のものも含まれていますので、そちらについて考察してみます。

そこで注目してほしいのが、まずは短期バイトや単発、そして日払いになりやすい仕事です。どのようなものがあるのかを考えてみましょう。実は思ったよりも多くの仕事のタイプでそういったものがあります。

 飲食店
 試食販売などのデモ販売系
 倉庫業などの軽作業系
 交通量調査
 引越や事務所移転系
 イベント系

代表的なものをいくつか掲載してみました非常に多くの仕事があるといった印象が合います。そこで問題になるのが、その中で特に学生向きの仕事はどれかという事です。実際に学生に不向きの仕事もあるので注意して選んでください。

交通量調査の仕事は学生向き!

6

学生向き!
特定の道路の交通量などを調べる仕事は、特にスキルも必要なく誰でもできる仕事になるので学生に向いています。条件と言えば、忍耐力と体力になります。また、正確な数字を計ることも大切になりますので、責任力もかなり必要になります。

 交通量調査の日給は?
 8,000円から1万2,000円ほど

ある仕事は、1万500円という金額になっていました。日給になります。しかも、予定時間通りになりますので、残業というものも基本的に発生しません。午前7時から午後7時までのうち、約8時間という仕事になることが一般的です。

仕事は、悪天候の時は中止になります。順延となることも多いので、天気予報についてはしっかりとチェックしておきましょう。また、仕事のスタイルは、椅子に座って計測器で台数をカウントするだけとなります。

倉庫内作業も学生向き!

特定の商品を検品したり、梱包したりする仕事になります。短期の仕事ではありますが、基本的に、時給制になることが一般的です。

 倉庫内作業の時給とは?
 900円から1,200円ほど

学生の場合は、基本的に900円よりになりますので、その点は納得したうえで仕事をはじめましょう。900円で1日当たり8時間働けば、7,200円の日給になります。さらに残業が発生しやすい仕事でもありますので、1~2時間の残業が発生する可能性もあります。