宮崎県のアルバイトと最低賃金|九州の最低賃金について

宮崎県の最低賃金はどれほどでしょうか。九州全体の最低賃金についても考察します。
45

アルバイトをする前に注目すべきなのが最低賃金になります。知っておかなければ、不当に安い賃金で働かされていても分からないからです。宮城県の最低賃金についてこちらで発表させていただきます。

さらに、宮崎県は九州の一つの県になります。九州全体の最低賃金についても考察させていただきます。どの県の最低賃金が高く、どの県がもっとも最低賃金が低いのでしょうか。沖縄県も含んで発表します。

宮崎県の最低賃金とは?

時給:664円(※平成25年)
664円という数字は全国的に最も低い数字になります。最低ラインとして覚えておきましょう。鳥取や島根、高知、佐賀や長崎に熊本と大分、そして沖縄と同じになります。九州に集中していることが良く分かります。

平成24年の数字は、653円でした。1年間で11円アップしたことになります。この上昇した数字については、まずまずという評価を与えても良いかもしれません。ただ、全国加重平均額のアップ額は1年で15円になります。上昇率が悪いのが気がかりです。

宮崎県で時給が高い地域

全国的に比べても最低賃金が低い宮崎ですが、宮崎の中でも時給が高い地域と低い地域があります。宮崎市や日南市、延岡市や日向市が基本的に高めになります。求人数も多く、時給もアップしやすいわけです。

九州全体の最低賃金

 福岡県:時給712円
 佐賀県:時給664円
 長崎県:時給664円
 熊本県:時給664円
 大分県:時給664円
 鹿児島県:時給665円
 沖縄県:時給664円
(※平成25年)

以上のような数字になります。全国に比べるとかなり低いです。地方なので仕方のない部分です。その中でも最も高いのが福岡県です。700円を突破しています。鹿児島は665円とこの中では第2位になります。

その他は宮崎県と同じく、全国で最低賃金が低い地域となります。いかに、九州に賃金の低い地域が集中しているのかが良く分かるでしょう。ただ、時給が高い仕事がないわけではありません。最低賃金は、コンビニなどの単純労働の給与が影響を受けやすいわけです。