東京都のアルバイトと賃金|全国一の最低賃金について

東京は賃金が高い事で有名です。全国一の最低賃金を達成しています。
15

東京は全国で最も稼ぎが良い地域になります。アルバイトの時給が高く設定されています。最低賃金の設定額も、最も高いので効率的にお金を稼げる地域と言えます。だからこそ、全国から人が集まってきます。

では、一体どの程度の最低賃金になるのでしょうか。全国平均と比べてどれくらいの基準になるのかも調べてみます。また、実際にどれくらいの時給になるのかも、調べてみます。東京のアルバイトの実情を賃金から確認しましょう。

東京の最低賃金の額とは

 時給:869円(※平成25年度改定版)

もちろん、その数字は最も高いです。全国で最も低い最低賃金が664円になりますので、1時間当たり200円以上も変わってくることになります。8時間労移動で、1,600円の差になります。さらに、月に20日間の労働となれば、3万2,000円の差が生まれる計算です。

全国平均最低賃金との比較
全国加重平均額が764円になります。100円以上高い数字となります。そもそも、最低賃金の額が800円を超えている地域自体が少ないです。東京都以外では、神奈川県、大阪府、以上の3つのみとなります。

東京都:実際のアルバイト時給額

レストランの求人例

有名カレー店の求人情報では、時給は1,100円からとなっていました。しかも、22時以降の深夜勤務の時間帯については、1,375円からとなります。東京ではレストラン関連の時給が1,000円を超えること自体、珍しい事ではありません。

 コンビニ店の求人例

時給900円からというものもあります。高校生でも870円となっていました。地方では、700円台も珍しくありません。高校生に至れば600円台もあります。東京ではコンビニの仕事でも高い時給をもらえる事が分かります。

 一般事務の求人例

時給1,000円から1,300円というものが多いです。事務は特殊な仕事ではありませんが。こちらもレストランと同じく、1,000円を超えることは当たり前といった状況になります。経験や能力が問われる事もあるので、兼ね備えているとさらに稼げます。