音楽好き必見のライブハウスのアルバイトとは!

ライブが好きな方も多いと思います。それを仕事にしてみませんか?短期バイトには、実際にライブ関連の仕事も多いです。
23

主な職場は、コンサート会場やライブハウスといった場所になります。そちらでどのような仕事を行っているのかを解説させていただきます。短期バイトという事ですが、1日単位のものになるケースも多いです。そのライブごとに募集されることも多いからです。

警備員的業務

こちらのバイトでは、多くの方が来場するかもしれないところでの仕事になります。ですので、不審者のチェックをバイトとして行う場合もあります。主に、会場の見周りや入り口での手荷物検査などがあります。ライブが開始される前の仕事の一つです。

 ライブ中も警備の仕事はある

観客の方が興奮して、アーティストのもとへ行こうとしてしまう事があります。それを制止するのもバイトの役目となります。鉄柵などを抑えるような役目を持っているバイトの方もいます。

売り子的業務

ライブ会場などでは、演奏するアーティストのグッズを販売していることもあります。その販売をするバイトの仕事もあります。お客様対応をすることが主な仕事です。ライブが始まるまでの限定の仕事になることもありますし、ライブが終わってからも仕事があるケースも多いです。

機材の運びいれについて

アーティストがライブで利用する機材を運び込む仕事になります。重い機材もありますので、重労働になるケースもあります。こちらは音響のバイトにも似たところがあります。「音響アルバイトと面接対策!音響の仕事は誰でもできるの?」を参考にしていただきたいと思います。

機材調整、音響、照明の仕事もある

さまざまな仕事!
こちらの仕事は専門性が高いです。特にライブとなると簡単ではありません。こだわりを持っているアーティストの方もいますので、ある程度スキルがある方のみしか出来ないことが多いです。単発バイトが任せられる可能性は少ないです。

まとめ

以上のように多岐にわたる仕事がありますが、総合的に行うわけではありません。どれか一つの分野を任せられることが多いです。働く前に、自分にあっているものを探して面接時に希望することがおすすめです。