音響アルバイトをするために!面接を突破しよう

音楽が好きな方におすすめしたい短期アルバイトが音響の仕事です。ライブやイベントなどで働くような仕事になります。
20
音響と言えば、かなり専門的な仕事のように聞こえます。それほど音についての知識がない方は働けないと思っている方も多いです。経験なども必要なのではないかと思っている方もいます。実際にはそれほど必要ではありません。それでは以下に詳しく解説させていただきます。

主な仕事内容

PAという機械があります。そちらを使って、音の調整を行う仕事になります。機械操作についてはしっかりと教えてもらえます、ちょっとした研修を受ければ実際にすぐに操作できるようになるわけです。ですので、基本的に誰でもできる仕事になります。

その専用の機械で行う事ですが、チューニングやミキシング、そしてエフェクタ調整などがあります。さらに、配線をするような仕事もありますし、コードを巻いたりするなどの管理業務もあります。最初は後者の仕事を行い、慣れたら前者の仕事を行うようになるのが一般的です。

機材の運搬

実は、音響の仕事は力仕事です。機材を運搬しなければいけないわけですが、非常に重いものばかりになります。一般的な体力では対応できないこともありますので、体力という面ではある程度の自信がある方向けのバイトになります。

求人サイトの内容について

 未経験OK!

誰でもできるという証明になるのですが、多くの音響の短期バイトの求人票には「未経験OK」という文言があります。音響につて詳しい、というような条件が付くことは珍しいです。

そもそも、音響自体が特殊なバイトです。そこで、経験者のみとしてしまうと人が集まりません。ですので、柔軟に対応してくれる職場が多いわけです。音楽系の専門学校を出ている方などは有利ですが、あまり気にする必要はありません。

報酬は高いのか?

800円から1,000円
夜勤が入ればもう少し高くなります。ただ、全体的にはそれほど報酬が高い仕事にはなりません。それほどスキルを重視しませんので、そのくらいの報酬になってしまうという事が一般的になるわけです。