テストの監督という仕事について解説します!

人気の短期バイトといえば、試験監督の仕事があります。監督するだけですので、特に経験が必要なわけでもなく気軽に始められます。
13
試験監督の短期バイトですが、時給や職場、そして勤務時間についてこちらの記事で紹介させていただきます。時給は高いと有名ですが、いったいどれほどになるのでしょうか、職場はどこなのでしょうか。勤務時間はどれくらいなのでしょうか、そのような疑問に答えられればと思っています。

試験監督の時給について

日給制になっている
時給というよりは1日単位で報酬が支払われます。1日当たり5,000円から10,000円の範囲内になります。時給換算にすると、1,000円から1,500円程度になっていることが多いです。報酬としてはかなり高い仕事になります。

時給が高い理由としては、休日に仕事があることが関連していると言ってもよいでしょう。土曜日や日曜日に仕事があることが一般的です。ですので、休日出勤手当が加味されているという事を考えても良いです。

試験監督の職場について

 学校
 専門学校
 資格関連のスクール
 大きなホールなど

以上のような場所が仕事場になります。試験が行われる場所と思ってください。模試系の試験や資格の試験などを監督することになりますので、その会場となる場所で働くことになります。大きな都市の駅の近くで行われるケースも多いです。

試験監督の勤務時間について

 午前8時から午後1時まで
 午前7時30分から午後4時30分まで

以上が、勤務時間の一例になります。午前から午後までみっちりと仕事がある場合には、途中で1時間ほどの休憩が設けられています。勤務時間は4時間から5時間という事もあります。7時間から8時間という事もあります。

試験の長さにもよりますので、前もって求人情報を確認してください。確認して働けそうだと思ったらすぐに応募しましょう。実は、人気が高いので、すぐに応募者多数で締め切られることが多いわけです。即断即決が必要です。