夜に強い方必見!深夜の棚卸バイト

深夜アルバイターに必見なお仕事を紹介させていただきます。それは、棚卸のバイトというものになります。
8
棚卸のバイトというものですが、あまり聞いたことがないかもしれません。仕事内容としては、在庫管理のお手伝いといったものになります。店舗などで現状、どれくらいの商品があるのかというものを確認する作業になります。

棚卸バイトの職場とは

 スーパーマーケット
 コンビニエンスストア
 書籍店
 ディスカウントショップ

以上の職場で募集されることが多いです。どこも商品数がとても多いと想定されますので、ハードになるという印象が強いかもしれません。もちろん一人で行うのではなく、ある程度は人数が多く募集されます。10名から20名程度で行う事もあります。

詳しい仕事内容

閉店後に店舗に集合することが一般的です。コンビニエンスストアのように、24時間営業の場合でも深夜に集合することが多いです。お客さんがいない時、または少ない時に集中して行われるようになります。

仕事は商品の把握ですが、特殊な機械を使ってバーコードなどで管理することが多いです。商品一つずつをバーコードに入力していくスタイルの棚卸短期バイトも多いです。一人で数千や数万の商品を調査することにもなるので、集中力と体力が必要です。

 倉庫内の仕事もある

店舗に倉庫などが備えられている場合は、そちらで仕事をすることもあります。その場合は昼間でも仕事をすることが可能です。ただ、商品が大量にあるケースが多いので、やはりハードな仕事になります。

深夜の棚卸バイトの日給

 10,000円前後

深夜というものに限定すれば、深夜手当も含めまして1日当たり10,000円ほどになります。単発バイトでもありますので、その日にすぐに支払いがあるケースも多いです。ですので、切り良く10,000円という数字になることが多いです。

交通費なし
職場までの通勤の費用は自腹になることが多いです。単発バイトの特徴でもありますが、その点も理解しましてなるべく近場の職場を探すのがおすすめになります。求人情報サイトなどで、地元の地域を選択して探してみましょう。