高時給!警備員の短期バイトとは?

高時給になりやすい仕事と言えば警備員のアルバイトがあります。1,000円以上になることも多く、その仕事内容にも注目してみましょう。

警備員の職場は様々です。そちらで警備の仕事を行います。交通誘導の仕事の場合もあります。イベント会場などを警備するようなスタンダードな仕事もあります。さらに、施設に泊まり込んでの夜勤の仕事もあります。警備員と一言で行ってもその仕事内容は豊富です。

交通誘導の仕事内容

7

ショッピングモールなどの、多数の自動車が集まるような施設もあります。モールの中には、駐車場がものすごく広く数千台が停められるようなところもあります。周辺の交通機関がマヒしてしまう事もありますので、交通誘導を行いスムーズな交通にするわけです。

制服を着まして、誘導簿などを持って自動車の流れを誘導する仕事になります。施設の出入り口に立ちまして、出入りする自動車を誘導するのが主な仕事になります。特にスキルと特は必要ありませんが、重労働になります。寒い日も暑い日も屋外で仕事をすることになります。

イベント会場の警備の仕事

イベントの仕事
イベント会場の入り口などで、不審人物がいないかを確認します。また、手荷物チェックなどをすることもあります。来場者の方の荷物を開きまして、中身を簡単にチェックするのが仕事になります。さらに施設の見回りも行います。

アーティストのライブイベントの場合には、アーティストの出入りに関する警備も行います。ファンの方が集まってきてしまう事もあるので、それを制止するのが仕事になります。さらに関係者しか立ち入れない場所に、部外者が入ってこないように警備する仕事もあります。

施設に泊まり込んでの仕事

ある程度の規模の施設になると、1日中の警備が必要になります。その施設に泊まり込んでの短期バイトというものもあります。イベントが行われている期間だけ行われることがあります。2時間に1回など、施設全体を見回って異常がないかを確かめるのが主な仕事です。

こちらは、夜勤の仕事になりますので、報酬は高めになります。深夜の時間帯は、1,200円や1,300円という時給も狙えます。他の警備員の仕事は女性も行っていることもありますが、夜勤は男性のみ募集されていることも多いです。