イベントスタッフの短期バイトを徹底調査!

単発バイトと言えばイベントスタッフがあります。決定版といってよいわけですが、実際に1日限りの仕事が非常に多いです。
2

イベントスタッフの注目ポイントとしては、体力が非常に必要であるという事です。オフィスワークとは全く違います。どちらかといえば、ガテン系の仕事といっても良いでしょう。重い荷物を持ち運ぶような事も多いです。1日中立ちっぱなしという事もあります。

イベントスタッフの作業の注目ポイント

 開業設営と撤去

主な仕事になります。イベントは様々なものがあります。テントを張ることもありますし、パイプ椅子を並べることもあります。部隊を設置することもありますし、音響の機材を設定することもあるわけです。

パイプ椅子の場合は数千を設置することもあります。テントについてもものすごい数を組み立てることもあります。音響の機材や舞台の機材などもかなりの重さになります。どちらかと言えば、女性よりも男性向けの作業になります。
朝から晩までor夜から朝方まで

イベントスタッフは朝一番で集合することが多いです。そして仕事の終了は夕方以降になります。長時間働くこともあります。体調を整えておくことも重要です。さらに、逆に夜に集合して朝方まで仕事をすることもあります。

 私服で働くことができる

服装にうるさくないことがほとんどです。動き回る仕事が多いので、動きやすい格好であることは求められますが、髪型なども特に問題視することは少ないです。会場設営や撤去などの裏方の仕事は服装などのチェックはないと思っても良いです。

給与の注目ポイント

 日払いがほとんど

その日の作業の給与は、その日のうちに支払われることがほとんどです。単発の仕事になります。稀に2日間や3日間に渡る場合もありますが、1日限りという事で作業終了後に支払いとなります。すぐに報酬が欲しい方には嬉しい職場です。

日給について
働く時間によります。時給計算すると1,000円から2,000円ほどになるのが一般的です。ですから。8時間程度働けば、8,000円から10,000円近く報酬がいただけることもあるわけです。ただ、日給制になりますので、事前に確認して働き始めてください。