掛け持ちするバイトを探す方法

短期バイトについては、掛け持ちという目的があるケースも多いでしょう。掛け持ち用のバイト探しのお方法をチェックしてみましょう。

本業の仕事があるという方についても、どうしても収入が少ないという事もあるかもしれません。本業があっても年間20万円の所得までは取得しても問題がありません。その20万円分を短期バイトで稼ごうという方も多いです。

仕事が休みの時でしたら、本業に負担になるような事も実際にありません。自分の時間を有効に使った素敵なバイトを行うという事になるわけです。特に年末年始やお盆休みのまとまった時間を利用すれば本業への負担は全くないケースも多いです。

さらに、ゴールデンウィークも有効活用できます。長い方では10日ほど連続で休みになることもあるわけです。その期間を利用しないという事は、かなりもったいないことでもあります。短期バイトを始めてみましょう。

掛け持ちをするための短期バイトの探し方

50

当たり前のことですが、求人サイトを利用することになります。求人サイトなら、仕事をしていても仕事終わりに、仕事を探せるわけです。仕事をしている方にと言っては救世主的な存在になります。

また、求人サイトを利用すれば、申し込みについてもインターネット上から行えます。ですので、あとは面接を受けるだけといった状況を作れます。さらに、短期バイトでは、面接がないケースもありますので履歴書を持って現場に行くだけという状況も作れます。

短時間バイトと長時間バイトを使い分ける

身体についても考えよう!
同日に、二つのバイトをされる方はかなり困難になります。基本的な考え方として、1日に二つの長時間バイトを入れることは難しいです。8時間のバイトと8時間のバイトを入れることはできるかもしれません。しかし、ハードになります。体がもちません。

できれば、長時間のバイトと短時間のバイトを組み合わせてください。すでに1日8時間のバイトをしているのでしたら、かけ持ちバイトは4時間から5時間程度までがおすすめです。それ以上になると、次の日に影響が出てしまうかもしれません。