コンビニで働くという事

バイトの中で最も働きやすいと考えられているのが、コンビニエンスストアになります。高校生から働くことが出来ます。


36

コンビニエンスストアでの働きやすさというものですが、とにかく仕事の内容のイメージのしやすさがあります。実際に、自分でもよく利用した経験がある仕事先になります。比較的簡単に、出来る仕事が多いというイメージも人気の秘密です。

コンビニエンスストアに短期の募集があるのか

ど短期の仕事は基本的にありません。1日や1週間単位はないと思ってください。ただし、3カ月程度の短期の仕事でしたら、思ったよりも募集されている可能性が高いです。大学生の夏休みや、春休みを丸々利用して働ける期間です。

短期の募集が多い時間帯とは
主に深夜帯の時間で募集されることが多いです。夜の10時から午前6時までといったような時間帯の募集です。いわゆる、夜勤帯の仕事が募集されることになるわけです。深夜はコンビニでよく働いている主婦層が働けませんので、人材が不足することも多いので募集されるケースが多くなります。
ただし、高校生はできません。大学生やフリーターといった方がする仕事になります。働ける方に制限が出てくる点は、覚えてくべきです。また、防犯面など気になる点も多いでしょう。

コンビニバイトの給与について

 時給:700円台から1,100円ほど

コンビニはとにかく給与に大きな差があることでも知られています。まずは、高校生が少し給与が下がります。時給で50円程度はマイナスされることがあります。さらに働く時間帯によっても給与が大幅に変わります。

また、深夜帯については、25パーセントお給与アップがされます。そのおかげで時給が1,000円を突破します。最高では1,100円程度にある事もるので、コンビニエンスストアのバイトと言ってもしっかりと稼げることがよく分かるでしょう。

地域性の違いもある

東京と地方でも、時給にはかなりの差があります。地方になると、深夜帯でもなかなか時給が1,000円を超えることもなくなるので注意したいところです。コンビニバイトは特に地域の時給が反映されますので、その点は注意して求人に応募してください。

36-1