年末年始は郵便局で働こう!

年末年始の短期バイトと言えば、郵便局のアルバイトがあります。実際に多くの方が働いている職場になります。募集人数もかなり多いです。


30

なぜ年末年始に郵便局のバイトが増えるのかという事ですが、特に注目したいのが「年賀状」です。一人で100枚以上出すという方もいるほどです。メールなどで済ませるわけですが、それでも年賀状にこだわる方はこれからも多いでしょう。

その年賀状の取り扱いをするのが郵便局です。1年間で最も忙しい時期になります。ですので、その忙しさを補うためにも、積極的にバイトを募集するわけです。基本的に年末年始の2週間程度の仕事になることが一般的です。

こちら「冬限定!スキー場のアルバイト(リンク)」で紹介したスキー場のアルバイトと同じように、冬限定のバイトになることが多いです。学生のアルバイターの方が多いという特徴も似通っています。ただ、こちらの場合は高校生でも働くことが可能です。

郵便局のバイトの募集方法

応募はがき

年末が近づくと、郵便局から募集のはがきが届くと思います。その募集のはがきにいくつか記載をして、返信すると応募したことになります。ハガキがない場合もありますが、郵便局に11月ごろに行くと張り紙があると思います。そちらに応募方法が記載されていると思いますので参考にしてください。

郵便局バイトの仕事内容

 配達(外勤)
 仕分け(内勤)

配達は、年賀状などの郵便物を、バイクや自転車などに乗って配達することになります。自転車はかなりの重労働になると思いますが、配達地域が決まっているので、その地域の範囲内のみの配達となるので安心してください。

仕分けの仕事の特徴
仕分けについては、郵便番号などで年賀状などの郵便物を分けます。外勤の方が配達しやすいようにしたり、他の郵便局へ配送する時に、そのまま配送できたりするようにします。主に女性が働いていることが多いです。

 給与の違い

外勤の給与が高く内勤の給与が低い、といった特徴があります。時給にすると100円近い差があるケースも多いので注意していただければと思います。ただ、外勤はかなりの肉体労働になりますので、体力のない方は気をつけてください。