短期アルバイトの求人コンテンツ

当サイトでは、短期バイトや更に短期のど短期バイトについて記載させていただいています。これからアルバイトに応募しようとしている方に参考にしていただければ幸いです。

そもそも短期バイトについては、どのような目的があるでしょうか。一般的なバイトでしたら、特定の職種の経験を積むという目的もあるかもしれません。しかし、短期バイトではそこまでは考えないと思います。

基本的に金銭が主要な目的となっているはずです。ですので、稼ぎやすいバイトの職種を紹介させていただきました。日給1万円や1万5,000円を目指せるよういなものも紹介しています。

建築業、交通整理、警備員、イベントスタッフ、水商売、医療関係スタッフ

以上のような仕事を中心に紹介させていただきますので、チェックしていただければと思います。中には簡単に働けない職種もありますので、そちらについても確認してみてください。

世代や性別によるおすすめの短期バイト

短期バイトは人気になるものがいくつかありますが、男女間でも差がありますし、年齢でも大きな差が出てきてしまうこともあります。大きくわければ男性は肉体労働、女性はオフィス系の労働といったものに人気があります。

おすすめの短期バイト
さらにおすすめできるバイトを考える時には、労働時間も頭に入れなければいけません。学生は基本的に夕方から夜にかけての仕事になりますので、その時間にマッチングした仕事がおすすめです。一方で、フリーターの方はかなり時間が自由に使えるでしょう。

バイト求人サイトについて

単期バイトが探せる求人サイトの特徴や口コミ、そして評判も考察しました。どれも人気サイトで、バイトを探す時には実際に利用する方も多いと思うものを選んでみました。

 バイトルドットコム
 ジョブセンス
 マイナビバイト
 フロム・エーナビ
 シフトワークス

どの求人サイトも一度は聞いたことがあると思います。テレビなどで大々的に宣伝しているサイトもあります。それらの使い勝手なども調べましたので、どのサイトを使おうか悩んだ時に参考にしていただきたいと思います。

短期バイトの職種について

募集されやすいタイプの職種を紹介させていただきました。すべての職種で短期バイトが出されるわけではありません。基本的に募集される仕事は、ほとんど固定化されています。その中でどれを選ぶのかが重要になります。

 リゾート系バイト
 郵便局
 引越し
 居酒屋
 家庭教師

以上のようなものを紹介させていただきました。全部で16職種になります。それぞれの仕事の特徴も紹介していますので、その中で興味があるものを見つけてみましょう。もしも、自信にマッチングすると感じたらその仕事を求人サイトで探してみるべきです。

短期バイトの履歴書と面接

短期バイトに応募する時にネックになるのが、履歴書と面接です。そちらのコツについても記載させていただきました。苦手としている方の克服に役立てることができたらと思います。また、履歴書不要、面接なしの短期バイトの存在についても述べました。
 履歴書の書き方
 面接で聞かれる内容とは?
 面接突破法

以上のように、こちらはかなり幅広めに短期バイトについて記載したサイトになります。求人サイトを活用する前に一読して、役立ててもらえたら嬉しいです。